日本料理から学べばいっそうクッキング上手に。今から活かせる基礎

浸し物を作るやり方に関しては各人各様でしょうが、オーソドックスな作り方についても再確認してみてください。出汁、みりん、更に醤油と言った材料に浸けて頂くスタイルが本来の調理手順と言われます。ただ、醤油を使うのみの簡素なレシピも一般的なようです。ほうれん草を始め、ひたしものを作る為に素材をつける調味料液は浸し地と言います。これはそれぞれの家庭で使う調味料や量は異なる部分も出るものですし、お好みの味付けを探し出したらそれを再現してください。原材料についてはボイルした後十分に水分を落とすよう配慮して下さい。ひたしものの定番の緑黄色野菜と言えばホウレン草や茄子でしょうが、想定外の野菜が使えることもあります。例を出すとセロリやアスパラガス、またはカリフラワーなども上手く出来る食材なので、副菜の引き出しを多くする場合には勝手の良いメニューなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です